ソーシャルレンディング始めます 選んだのはこの7社

ソーシャルレンディング

9つ目のほったらかし投資としてソーシャルレンディングを始めることにしました。まずは口座開設を着々と進めています。

ソーシャルレンディングはレンディング事業者選びが大事

ソーシャルレンディングとは、「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」をインターネットを通じて結びつける融資仲介サービスです。

ソーシャルレンディングって何?という方は下記の投稿をご覧の上、読み進めて下さい。

ソーシャルレンディングとは?仕組みやメリット・デメリット、おすすめ事業者を紹介
最近、新たな投資先として注目を集めているソーシャルレンディング。ソーシャルレンディングとは一体どんなサービスなのでしょうか?FX自動売買とのリスク分散という視点で調べてみました。

ソーシャルレンディングを開始するにあたって最も気を配ったのがレンディング事業者選びです。ソーシャルレンディングには常に貸し倒れリスクが伴います。

2017年以降に行政処分を受けたソーシャルレンディングサービスを調べてみましたが、これだけありました。

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行なども行政処分を受けていますので「行政処分=危険」というわけではありませんが、業者選びは慎重になるに越したことはありません。

時期 サービス 処分内容
2017年3月30日 みんなのクレジット 業務停止命令
2017年6月9日 クラウドバンク 業務改善命令
2018年3月2日 ラッキーバンク 業務改善命令
2018年7月13日 maneo 業務改善命令
2018年12月14日 トラストレンディング 業務停止命令
2019年3月8日 トラストレンディング 登録取消し
2019年3月14日 ラッキーバンク 登録取消し

そこでソーシャルレンディングの情報サイトやSNSなどを調べまくって大体共通して評価が高かったのが以下の7社です。早速、7社の口座開設を行いました。

サービス 利回り 累計応募額 サービス開始 主要案件
クラウドバンク 5.17.3 772億円 2013年12月  太陽光発電
 海外不動産投資
 中小企業支援
クラウドクレジット 5.113.0% 235億円 2014年6月  海外金融支援
OwnersBook 2.514.6 148億円 2014年9月 不動産投資
Funds(ファンズ) 1.86.0% 9億円 2019年1月 不動産投資
SBIソーシャルレンディング 3.010.0% 1,193億円 2011年3月 不動産投資
IoT投資
太陽光発電
SAMURAI 1.810.0 非公開  2015年5月 小規模事業
ネクストシフトファンド 4.57.2% 1億円 2018年3月 マイクロファイナンス融資

利回りは5%~7%くらい

ソーシャルレンディングの利回りは大体5%~7%といった感じです。中には8%や10%といった超高利回りの案件もありますが、高い金利で融資を受ければ返済側の負担が増え、返済不履行のリスクも高まるため、案件の貸し倒れが発生するリスクも高くなります。

ただし、5%~7%の案件は人気が高く、1億円を調達する案件がものの数分で応募が締め切られてしまうなどクリック合戦となっています。

とはいえ、資金を遊ばせても仕方ないので人気の案件ばかり狙わず、3%程度の案件にも融資したほうがいいでしょう。

分散投資を心掛ける

為替コヤジは100万円くらいをソーシャルレンディングに充てようと思っていますが、10万円ずつ10個の案件に分散投資するのがいいようです。できる限り、ソーシャルレンディング事業者、案件を分散させます。

運用期間は1年以内のものを選ぶ

ソーシャルレンディング案件で短いものは運用期間1~2ヶ月、長いものでは24~36ヶ月などがあります。長期運用案件は長期間にわたって無駄なく投資できますが、市況変動リスクや企業の業績リスクが高まります。

したがって、運用期間は1年以内のものを選びたいと思います。

ソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングの口座開設はFXなどの口座開設と違いはありません。公式サイトから申込み、お客様情報・銀行口座の入力、マイナンバー登録、身分証明書の提出を終えると、本人限定受取郵便が届きますのでお客様コードを登録して完了です。

ソーシャルレンディングはいくらから始められるのか?

ソーシャルレンディングはほとんどが1万円から始めることができます。Fundsは1円から投資可能です。

ソーシャルレンディングの税金

ソーシャルレンディングへの投資で生じた所得税(雑所得)は、レンディング事業者の源泉徴収によって前払いをしている形になります。しかし、ソーシャルレンディングでの所得税は総合課税に分類されるため、本当の所得税率や控除額は、給与所得などと合算した所得総額に応じて決められます。

ちなみにFXの利益も雑所得に分類されますが、こちらは分離課税なので合算できません。

そして、所得の総額を計算した結果、確定申告の要否が決定されます。詳しくはこちらをご覧下さい。

FX自動売買の税金と確定申告 負けている人は申告しないと得します!
知らないとマズイFXの確定申告。初めは難しく感じるかもしれませんが、慣れると大したことありません。この記事は、2016年2月17日に公開された記事を再編集しています。[/colored

コメント

タイトルとURLをコピーしました