ほったらかし投資ポートフォリオを公開!長期・積立・分散で資産が増える

基礎知識

為替コヤジは現在9つのほったらかし投資を実践しています。ほったらかし投資のポートフォリオを紹介します。

この記事は、2019年12月19日に公開された記事を再編集しています。

ほったらかし投資ポートフォリオ

為替コヤジはサラリーマンなのでサラリーマンの本業が疎かにならないようにできるだけ手間のかからないほったらかし投資を行っています。ほったらかし投資の基本は『長期・積立・分散』です。

  • 長期・・・10年、20年など長い間持ち続けること
  • 積立・・・月々定額をコツコツと継続的に投資すること(積立投資)
  • 分散・・・性質の異なる金融商品(FX・ETF・CFD・投資信託・仮想通貨)に投資すること

現在、9つのほったらかし投資を行っており、投資合計額は約2,000万円です。内訳は以下の通りです。

ほったらかし投資詳細

9つのほったらかし投資について個別に説明します。

  1. トラリピ
  2. トライオートFX
  3. シストレ24
  4. 仮想通貨積立
  5. トライオートETF
  6. 株価指数CFD積立
  7. スワップ積立
  8. つみたてNISA
  9. ソーシャルレンディング

1. トラリピ

トラリピ(マネースクエア)はFXの自動売買です。FXの売買を自動で繰り返し、為替差益をコツコツと稼ぎます。20年くらい放置できるように仕込んでいます。

参考 トラリピ(マネースクエア)とは?仕組みや口座開設方法・設定方法を解説 

運用方針

  1. ロスカットしない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす
参考 みんな使っているトラリピのハーフ&ハーフとは?最大のメリットは資金の削減

運用実績

トラリピは2012年1月から運用しています。初期の頃にしたイケてない設定が今でも足を引っ張って時価残高は‐400万円となっていますが、現在の設定は完璧だと思います。

参考 トラリピで大損!為替コヤジがトラリピ運用で失敗した3つの理由とその対策

参考 トラリピ月間運用成績(-195.5万円)とトラリピ設定【2019年11月】

マネースクエア外国為替取引

トラリピの無料口座開設

現在の設定

現在は9通貨ペアで運用しています。単独通貨で運用するよりも複数通貨で運用したほうがリスクが軽減されます。
トラリピの最新の設定は毎月月間運用実績で公開しています。

2. トライオートFX

トライオートFX(インヴァスト証券)もFXの自動売買です。トラリピを似たような仕組みですが、こちら短期売買用のコアレンジャーを使用しているので数ヶ月から1年で設定を変更する必要があります。

参考 為替コヤジも実践中!トライオートFXのコアレンジャー

運用方針

  1. コアレンジャーを使う
  2. トラリピで取り扱いのない通貨ペアで運用する

運用実績

トライオートFXは2014年5月から運用しています。時価残高はまだ20万円ほどマイナスですが、コアレンジャーにしてから成績は上向きです。

参考 【2019年11月】トライオートFX月間運用成績(+2.2万円)と現在の設定(コアレンジャー)

\限定タイアップで13,000円キャッシュバック!/
インヴァスト証券「トライオートFX」

トライオートFXの無料口座開設

現在の設定

現在は自動売買セレクトのコアレンジャー(豪ドル/NZドル)を運用しています。トライオートFXは基本的に自動売買セレクトの上位から選んでいますのでコアレンジャー(豪ドル/NZドル)の含み損が減ったらコアレンジャー(ユーロ/豪ドル)に変更する予定です。
トライオートFXの最新の設定は毎月月間運用実績で公開しています。

3. シストレ24

シストレ24(インヴァスト証券)もFXの自動売買ですが、こちらはストラテジーと呼ばれる売買プログラムを選んで運用します。トラリピやトライオートFXと違ってシストレ24はハイリスク&ハイリターンです。

参考 シストレ24(インヴァスト証券)とは?フルオートから攻略法まで徹底解説!

運用方針

  1. QuickShiftを使い続ける
  2. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  3. 手動決済なし
参考 【シストレ24】為替コヤジも実践中!QuickShiftの多通貨ペアポートフォリオ

運用実績

2012年1月に運用を開始し、これまでオリジナルのポートフォリオ、フルオートと試してきましたが、どれも安定して勝つことができませんでした。QuickShiftを使い続けてからはまだトントンですが、長期的には大きく勝ち越すと思います。

参考 【2019年11月】シストレ24月間運用成績(-4.4万円)とQuickShiftポートフォリオ

\限定タイアップで13,000円キャッシュバック!/
インヴァスト証券「シストレ24」

シストレ24の無料口座開設

現在の設定

シストレ24のような選択型システムトレードは調子のよいストラテジーに入れ替えて運用するのが王道です。
しかし調子のよいストラテジーを選ぶのが困難であるため、稼働以来好調を維持しているQuickShiftを使い続けています。複数通貨ペアで運用していますので成績も大崩れしません。

シストレ24の最新の設定は毎月月間運用実績で公開しています。

4. 仮想通貨積立

コインチェックで仮想通貨を積み立てています。仮想通貨は長期保有なので当分売却する予定もないので貸仮想通貨(レンディング)サービスを利用して利子を得ています。
仮想通貨は8つのほったらかし投資の中で最もハイリスク&ハイリターンですので投資額を抑えながら10倍、100倍を目指します。総投資額が100万円が目標です。

参考 Coincheck(コインチェック)の評価・評判と使い方

運用方針

  1. ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)を毎月各5,000円ずつ積み立てる
  2. 長期保有する
  3. 貸仮想通貨(レンディング)サービスを利用する
参考 仮想通貨の積立を開始します!選んだ仮想通貨はこの3つ

運用実績

2019年12月から運用を開始しました。12月はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をそれぞれ10万円ずつ購入しました。実際の積立は2020年1月からとなります。

コインチェック

コインチェックの無料口座開設

現在の設定

毎月月初にビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)を手動で5,000円ずつ積み立てています。

5. トライオートETF

トライオートETF(インヴァスト証券)はETFの自動売買です。トライオートFXと同じ仕組みですが、取引対象がFXではなくETFになっています。現在は8つのほったらかし投資の中で一番勢いがあります。

参考 株の自動売買!?にわかに人気の『トライオートETF』と『トラリピCFD』って一体何者?

運用方針

  1. ナスダック100トリプル_カウンターを2セット稼働
  2. 最高値のポジションから30%下落したらさらに2セット稼働
参考 【トライオートETF】ナスダック100トリプル_カウンターがアツい!リターン率は80%

運用実績

2019年9月に運用を開始したばかりでさほど実績がありませんが、評価損もほとんどなく、ハイペースで利益を積み上げています。

参考 【2019年11月】トライオートETF月間運用成績(+1.9万円)と現在の設定

インヴァスト証券「トライオートETF」

トライオートETFの無料口座開設

現在の設定

現在はトライオートETFの自動売買セレクトに登録されているナスダック100トリプル_カウンターを運用しています。
ただ、自動売買セレクトがバージョンアップされ、ナスダック100トリプル_カウンターが使えなくなり、代わりにナスダック100トリプル_ヘッジャーが登録されました。これからトライオートETFを始めるならナスダック100トリプル_ヘッジャーがおすすめです。

6. 株価指数CFD積立

GMOクリック証券で株価指数CFDの積立を行っています。2つの株価指数CFDを積み立てることでインカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙います。

参考 株価指数CFD積立投資(S&P500・FTSE100)を開始!積立計画をブログで公開

運用方針

GMOクリック証券で米国S500(S&P500)とイギリス(FTSE100)を下記の購入ペースで買い増す。

1月目:3万円積み立て⇒3万円でイギリス100を1枚購入
2月目:3万円積み立て⇒3万円でイギリス100を1枚購入
3月目:3万円積み立て⇒3万円でイギリス100を1枚購入
4月目:3万円積み立て
5月目:3万円積み立て
6月目:4万円積み立て⇒10万円で米国S500を1枚購入

さらに暴落したタイミングでも追加購入する。

運用実績

株価指数CFDの積立は2019年10月に始めたばかりなので米国S500(S&P500)は1枚、イギリス100(FTSE100)は3枚しかありません。
株価指数CFDの積立は10年くらいは続けたいと思います。

参考 【2019年11月】株価指数CFD月間運用成績と積立方針

GMOクリック証券公式サイト

現在の設定

現在は3万円でイギリス100(FTSE100)を1枚、10万円で米国S500(S&P500)を1枚購入しています。

7. スワップ積立

メキシコペソ/円の積立を行っています。スワップポイントの高い通貨ペアはメキシコペソ/円以外にもトルコリラ/円、南アフリカランド/円もありますが、下落リスクの一番少ないメキシコペソ/円を選んでいます。
積立は高スワップに定評のあるセントラル短資FXで行っています。

参考 メキシコペソ/円のスワップ積立投資始めました!口座選びや運用方針について公開します

運用方針

  1. セントラル短資FXで毎月1万通貨購入する
  2. レバレッジは5倍
  3. 急落時にも購入する
  4. 評価益がスワップ3ヶ月分になった時点で全ポジションを決済する

運用実績

メキシコペソ/円のスワップ積立は2019年10月に開始したばかりなのでまだ3万通貨ペアしか保有していません。

参考 【2019年11月】メキシコペソ/円のスワップ積立月間運用成績と積立方針

セントラル短資FX オンライン口座開設

セントラル短資の無料口座開設

現在の設定

毎月3万円でメキシコペソ/円を1万通貨購入しています。レバレッジは5倍と少しリスクをとっています。

8. つみたてNISA

つみたてNISAは、投資で得た利益を非課税にできるお得な制度です。非課税投資枠は年間40万円で、非課税期間の20年間積み立てると最大で800万円運用できます。
つみたてNISAはポイント還元がお得な楽天証券で行っています。

参考 楽天証券つみたてNISA始めました 選んだのは楽天・全米株式株式インデックス・ファンド

運用方針

楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを積み立てる

運用実績

つみたてNISAは申込みが完了し、2020年1月から積立が開始されます。

楽天証券

楽天証券の無料口座開設

現在の設定

楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを毎月、つみたてNISAの限度額いっぱいの3万3,333円ずつ購入します。

9. ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」をインターネットを通じて結びつける融資仲介サービスです。
ローリスクで年率5~7%を目指します。

参考 ソーシャルレンディング始めます 選んだのはこの7社

運用方針

  • 1案件の投資額は10万円程度に抑え、10案件を回す
  • 5%~7%くらいの案件に投資する
  • 運用期間は1年以内の案件に投資する

運用実績

ソーシャルレンディングは2020年1月から開始します。

現在の設定

7つのソーシャルレンディング事業者(クラウドバンククラウドクレジットOwnersBookFunds(ファンズ)、SBIソーシャルレンディング、SAMURAI、ネクストシフトファンド)の口座を開設しています。

まとめ

サラリーマンの為替コヤジは日々、スキルアップ・キャリアアップを図り、サラリーが上がるよう努力しています。

しかし収入源が会社の給料だけでは不安なの9つのほったらかし投資を行い、収入源を増やしています。

またサラリーマンとしての本業を疎かにしていては給料が上がらず、運用資金が増えないので本業の妨げにならないようにほったらかしでも利益を上げられる運用方法を選んでいます。いわゆる不労所得です。

為替コヤジのほったらかし投資は特別なスキルや経験は必要ありません。不労所得に興味のある方は是非、参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました