楽天証券つみたてNISA始めました 選んだのは楽天・全米株式株式インデックス・ファンド

遅ればせながらつみたてNISAを始めました。選んだ証券会社や銘柄について解説しています。

つみたてNISAとは?

通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりません。つまり、NISA口座で運用すると、投資で得た利益がまるまる手に入ります。

NISAには「つみたてNISA」と「一般NISA」があります。運用方法や対象商品、利用できる期間等が異なるので、各自の投資スタイルにあわせて、自分に合う口座を選びましょう。


出所:楽天証券

NISAとつみたてNISAは、両方を利用することはできず、どちらか一方の口座を選んで使うことになります。簡単に言えば、株式投資をしてみたい方はNISA、投資信託でコツコツ積み立てたい方はつみたてNISAという感じです。

投資初心者であれば、つみたてNISAを始めてみると良いかもしれません。

つみたてNISAとiDeCoの違い

つみたてNISAと似た制度にiDeCo(イデコ)という制度があります。iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)は、自分で毎月掛け金を積み立て、自分で運用して老後資金を作る、いわば“自分年金”です。

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の大きな違いは2つあります。

  1. iDeCo(イデコ)は掛け金が所得控除になる
  2. iDeCo(イデコ)は途中解約できない

NISAもiDeCo(イデコ)も運用益が非課税であるのは同じですが、iDeCo(イデコ)は掛金全額が所得控除となるため、つみたてNISAよりも節税メリットが大きくなっています。

さらに決定的な違いはiDeCo(イデコ)は個人型年金なので60歳になるまで途中解約できないという点です。つまり急に現金が必要になっても現金化はできません。この先、魅力的な投資先が現れて投資したいと思ってもiDeCo(イデコ)の資金を充てることはできません。

その点、つみたてNISAはいつでも解約できるので安心です。資金に余裕のあって老後年金を増やしたい方にはiDeCo(イデコ)もおすすめですが、そうでない方はつみたてNISAだけでも十分です。為替コヤジもiDeCo(イデコ)は一旦見送りました。

また見送った理由に手続きの面倒さもあります。為替コヤジは会社員なので事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書を会社に書いてもらう必要があり、自分一人で申し込みを完結できないのです。第1号被保険者(自営業)や第3号被保険者(専業主婦・主夫)の場合は、本人確認書類と申込書だけなのでこの手間はありません。

証券会社は楽天証券かSBI証券の2択

つみたてNISA向けの証券会社は楽天証券SBI証券が人気を二分しています。

どちらでもいいと思いますが、為替コヤジは楽天カードで積み立てができて楽天スーパーポイントが貯まる上に楽天スーパーポイントで投資信託が買えるということで楽天証券にしました。

楽天証券

楽天ふるさと納税や楽天市場の買い物で貯まったポイントを有効活用できるのでかなりお得です。

 

楽天カードをまだお持ちでないならこの機会に是非申し込みましょう。

どの投資信託を買えばいいのか?

つみたてNISAは運用益が非課税になるので運用益を出さなければ意味がありません。そうであれば最もリターンが期待できる株式に100%割り当てるのが正解と言えます。

楽天証券のつみたてNISAの買い付けランキングは以下のようになっています。

楽天・全米株式株式インデックス・ファンドか楽天・全世界株式株式インデックス・ファンドか悩みましたが、CFDの時と同じようにアメリカの強さは際立っているので楽天・全米株式株式インデックス・ファンドに決定しました。

楽天・全米株式株式インデックス・ファンドが投資対象とするETF(上場投資信託)は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーしています。自分ひとりで投資しようとしても資金面や手続き面で簡単には投資できない量の銘柄に低コストで簡単に投資できます。

 

11月26日に申込みましたが、買い付けが始まるのは来年1月からとなります。

楽天証券

 

コメントを残す