トラリピの運用資金 最低いくらあれば自動売買できるのか?

    %e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%94

    トラリピで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか?

    自己資金10万円から運用可能

    トラリピは複数の注文を大量に発注するので、少額資金では無理と諦めてしまう方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。トラリピは1,000通貨単位から始めることができます。
    レバレッジ10倍で1,000通貨なら、米ドル/円は約1万2,000円、豪ドル/円は約9,000円で始めることができます。

    例えば10万円の自己資金でレバレッジ10倍、つまり投資総額100万円のトラリピの運用を想定してみましょう。この場合、米ドル/円なら約8,000通貨(約96万円)、つまり1,000通貨で8本発注することができます。同様に豪ドル/円なら約11本(約1万1,000通貨)発注することができます。

    1,000通貨単位のトラリピを並べれば、10万円の自己資金でも10本程度のトラリピを発注できるわけです。ただし、資金量が少ないとトラップの値幅が広くなるか、逆に値幅を狭くするとカバーできるレンジが狭まり、新規→決済を繰り返すトラリピの長所が生かせなくなってしまいます。

    30万円が自動ロスカットの分岐点

    lesson12_1

    マネースクウェア・ジャパンが集計した、2010年5月7日のギリシャ・ショック時の「投資金額別の自動ロスカット執行の割合(1万通貨単位の場合)」によると、自己資金が300万円以上ある投資家の自動ロスカットの執行比率は数%程度でした。つまり、1,000通貨単位なら30万円あれば、かなりロスカットにかかりにくくなります。

    これに対し300万円未満になると一気に自動ロスカットが執行される割合が20%程度にまで上昇します。これを1,000通貨単位に置き換えると、30万円未満の資金でトラリピを仕掛けていることになります。

    つまりトラリピの運用資金は最低30万円あれば自動売買できると言えます。

    M2J推奨の計算式

    M2Jでは、“500円を積み重ねる資産運用”をはじめる資金の目安として次の計算式を推奨しています。

    仕掛ける通貨ペアのレート × 1,000 × 21 ÷ 3

    たとえば豪ドル/円が87円だった場合は以下のようになります。

    87円 × 1,000 × 21 ÷ 3 = 609,000円

    豪ドル/円でトラリピを仕掛ける資金の目安は約60万円という計算結果となりました。

    「×1,000」について

    これは、リピートイフダンを1本あたり1,000通貨で仕掛けることを示しています。

    「×21」について

    これは、1,000通貨のリピートイフダンを合計で21本仕掛けることを示しています。

    23

    「50銭下がったら買って、上がったら50銭の利益をねらう」というイメージのすき間のないトラリピを実現すべく、10円幅に21本という設定を基本としています。

    「÷3」について

    これは、レバレッジを3倍程度に抑えることを示しています。

    まとめ

    1,000通貨単位で余裕のあるトラリピを始めるには、30万円程度の資金はあったほうがいいでしょう。10万円でも可能ですが、トラリピのメリットを生かすことができません。

    トラリピはできるだけ広範囲に狭い値幅でトラップを仕掛けるのが理想的な運用方法なので最初は30万円で運用を開始し、様子を見ながら資金を追加し、徐々に本数とレンジ幅を増やしていきましょう。

      コメントを残す