リピート系注文とマイナンバー マイナンバー提出でFXの副業がバレる!?

    %e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc

    先日、トラリピのマネースクウェア・ジャパンから「個人番号(マイナンバー)ご提出のお願い」という連絡がありましたのでここでマイナンバーについて確認しておきます。

    マイナンバーとは?

    マイナンバー(個人番号)は、国民一人ひとりに割り当てられた12桁の数字で、2016年(平成28年)1月から順次、社会保障や税、災害対策にかかわる行政手続きで必要になります。
    マイナンバーは、番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、一生変更されませんので、大切にしてください。

    2016年10月から簡易書留で住民票の住所にマイナンバーの「通知カード」が送られていますが、もし「まだ受け取れていない」という方がいらっしゃれば、お住まいの市区町村へ早めに問い合わせをしてみてください。

    マイナンバーの「通知カード」はマイナンバーの確認は可能ですが、身分証明書としては利用できません。身分証明書として利用できるマイナンバーカード(個人番号カード)は、市区町村に申請して交付してもらう必要があります。

    %e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

    すでに口座開設済みでもマイナンバー通知は必須

    マイナンバーは2018年1月から社会保障、税、災害対策の行政手続で必要になりますが、FX会社が税務署に提出する支払調書に顧客のマイナンバーを記載することが義務づけられています。

    そのため、私たちトレーダーはFX会社にマイナンバーを所定の方法で通知する必要があります。多くのFX会社ではマイナンバーの分かる書類をインターネット経由でアップロードすることができるようになっています。

    マイナンバーの分かる書類には以下の3つがあります。

    • 個人番号カード
    • 通知カード
    • マイナンバーの記載された住民票

    2016年1月以降にFX会社に口座開設した方はすでにマイナンバーを通知していると思いますが、2015年12月以前に口座開設した方も2018年末までにマイナンバーを通知しなければなりません。

    マネースクウェア・ジャパンでは、2016年11月より順次、マイナンバーのご提出をお願いするメールを送るそうですが、他のFX会社も同様ですのでFX会社からのメールや公式サイトを見落とさないように注意して下さい。

    マイナンバーの提出で副業が会社にバレる!?

    FX会社にマイナンバーを提出することでFXの副業が勤務先にバレるのではないかと心配している方もいるようですが、マイナンバー制度導入に伴い、納税の手続がこれまでと変わるわけではないのでその心配はありません

    FXの副業が会社にバレるのは住民税です。住民税には普通徴収(自分で納める)と特別徴収(給料から天引き)の2種類の納め方がありますが、確定申告では、給与所得以外の収入はどちらの納め方にするか自分で選択できるようになっています。

    これを特別徴収にしてしまうと会社に副業分も含めた住民税の額が報告されてしまい、それをきっかけに副業がバレる可能性がありますが、マイナンバー制度とは全く関係のない話です。

      コメントを残す