始まりはトラリピ。リピート系注文の歴史

    18416373_s

    トラリピから始まったリピート系注文の歴史を振り返ってみたいと思います。

    2007年はリピート系注文元年

    リピート系注文(連続発注機能)の元祖といえば2007年12月に登場したトラリピ

    トラリピEAが販売停止になるなど特許に守られ、長い間FXシステムトレード市場を独占していましたが、この地位を脅かしたのがシストレ24に代表されるミラートレーダー。2012年前半は怪物ストラテジー「ThirdBrainFx」の登場で資金が2倍、3倍になるトレーダーが続出し、トラリピ人気に陰りが見えた頃でした。

    リピート系注文(連続発注機能)のリリース時期

    リリース サービス名 会社名
    2007年12月 トラリピ マネースクウェア・ジャパン
    2013年10月 ループ・イフダン アイネット証券
    2013年12月 リピートトレール注文 YJFX!
    2013年12月 連続IFDOCO注文 ジャパンネット銀行
    2014年3月 トライオートFX インヴァスト証券
    2014年7月 ループ・イフダン ひまわり証券
    2014年10月 iサイクル注文 外為オンライン
    2014年10月 トラッキングトレード FXトレーディングシステムズ
    2015年1月 iサイクル注文 ライブスター証券
    2015年4月 連続予約注文 マネーパートナーズ
    2014年10月 iサイクル注文(くりっく365) 外為オンライン

    ミラートレーダーの凋落から再びリピート系注文にシフト

    ところが2013年の後半に入ると相場のボラティリティーが低下し、ThirdBrainFxが相場にマッチしなくなったことでロスカットを連発。あまりのハイリスク・ハイリターンと売買ロジックの不透明さからミラートレーダー人気が下火に。

    このタイミングを見計らってか2013年後半から類似のリピート系注文が続々と登場しました。先陣を切ったのは2013年10月にリリースされたループ・イフダン

    トラリピの最大の弱点だった割高な手数料を完全無料にしたことで一気にトラリピと並び人気のリピート系注文に躍り出ました。

    2014年はリピート系注文が続々登場

    2014年は完全にリピート系注文の年。ミラートレーダーの人気低迷を受け、シストレ24のインヴァスト証券も裁量+シストレというコンセプトのトライオートFX(当時はトライオート)をリリースしました。

    ひまわり証券がアイネット証券からライセンス供与を受け、ループ・イフダンをリリース。

    さらに外為オンラインからiサイクル注文が生まれ、外為オンラインからライセンス供与を受け、FXトレーディングシステムズとライブスター証券もiサイクル注文の取り扱いを開始しました(FXトレーディングシステムズはトラッキングトレードという名称でリリース)。

    2015年2月には盛り上がりを見せるリピート系注文に衝撃が走りました。トラリピのマネースクウェア・ジャパンが外為オンラインのサイクル注文およびiサイクル注文について特許権を侵害しているとして、サービス提供の停止を求める訴訟を起こしました。

    訴訟の行方はマネースクウェア・ジャパンからも外為オンラインからも明らかにされていませんが、その後外為オンラインのiサイクル注文はくりっく365にも対応しました。

    まとめ

    2013年後半にFXシステムトレード(自動売買)の覇権を取り戻したリピート系注文の人気はローリスク・ミドルリターンという安定感と売買ロジックの明瞭さから2016年も継続すると思われます。

    数多くのサービスがリリースされているリピート系注文ですが、それぞれの仕組みをしっかりと理解してあなたにぴったりなリピート系注文を選んで下さい。

      コメントを残す