くりっく365でリピート系注文!くりっく365の隠れたメリットとは?

 

%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%a3%e3%81%8f365

 

リピート系注文は、店頭FXだけではなく、くりっく365でも自動売買ができます。くりっく365でリピート系注文をする最大のメリットとは一体何でしょうか?

店頭FXと取引所FXの違い

ひとくちにFXといってもFX取引には、大きく分けて「店頭FX」「取引所FX」の2つがあります。

そもそも日本で個人向けFXが初めて登場したのは、1998年のことです。外国為替及び外国貿易法(外為法)の改正によって、「外国為替取引は必ず外国為替公認銀行(為銀)と行わなければならない」、いわゆる為銀主義が撤廃され、個人投資家も自由に外国為替取引ができるようになりました。

しかし、市場開放によって400社以上のFX会社が誕生し、店頭FX市場が拡大した反面、一部で強引な勧誘や証拠金の扱いでトラブルを起こすFX会社も現れ、FXの健全性、透明性が疑問視されるようになりました。

こうした状況の中、FX取引を規制する改正金融先物取引法が2005(平成17)年7月に施行され、それと時を同じくして通称「くりっく365」と呼ばれる東京金融取引所での取引所FXがスタートしました。

店頭FXとは?

店頭FX取引とは、FX会社と投資家が直接取引することを言います。ほとんどのFX自動売買は店頭FXになります。

店頭FXでは、FX会社が任意に価格を設定します。通常、売値(Bid)と買値(Ask)の差額のことをスプレッドといいますが、この売値、買値はそれぞれFX会社が自由に設定していて、両者の差額がそのままFX会社の利益になります。

取引所FXとは?

取引所FXとは、FX会社が仲介をして実際の取引は取引所で行われる取引のことを言います。

about-begin_img_01出典:くりっく365

くりっく365では、ゴールドマン・サックス証券、ドイツ証券など世界トップクラスの金融機関がマーケットメイクを行っており、東京金融取引所がそのうちの最も安い売値と最も高い買値を合成してくりっく365の価格として提示しているため、狭いスプレッドでの取引が可能となります。

また、くりっく365に参加できるFX業者は財務体力に余力のあるFX業者に限られ、17社のみとなっています(2016年3月現在)。

大口投資家向けの『くりっく365ラージ』

2015年11月30日(月)にスプレッドを重視する一部の投資家及び法人等の大口投資家の方々から、手数料がかかってでも、スプレッドをタイト化して欲しいとののニーズに応えるため、取引手数料はかかりますが、スプレッドをタイト化し、更に取引単位を10万通貨単位と大きくした「くりっく365ラージ」が上場しました。

商品 くりっく365ラージ くりっく365
通貨単位 10万通貨単位 1万通貨単位
証拠金基準額 元本金額の4%
通貨ペア 5通貨ペア
(米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル)
24通貨ペア
取引手数料 1,080円(税込) 0円
刻み値
  • 米ドル/円、ユーロ円、豪ドル円=0.1銭
  • 英ポンド/円=0.1銭
  • ユーロ/米ドル=1pips
  • 米ドル/円、ユーロ円、豪ドル円=0.5銭
  • 英ポンド/円=1銭
  • ユーロ/米ドル=1pips
清算価格決定方法 一本値
※別々に算出するため、異なる価格となる
スワップポイント算出方法 別々に管理する
※ラージ商品と既存商品で同じ通貨ペアであっても
既存商品10枚をラージ商品1枚で決済することはできない

店頭FXと取引所FXの違い

元々、店頭FXと区別し投資家を守るために始まったくりっく365ですが、レバレッジ規制や取引振興策による手数料無料化、さらに2012年に行われた店頭FXと取引所FXの税制一本化によって両者の違いはほとんどなくなっています

  店頭FX 取引所FX
通貨ペア FX会社によって異なる 24通貨ペア
スプレッド FX会社、通貨によって異なる マーケットメイク制度
スワップ金利 買いスワップと売りスワップに差額がある 買いスワップと売りスワップは同額
手数料 ほとんどのFX会社は無料
レバレッジ 最大25倍
資産管理 信託銀行に全額預託 東京金融取引所に全額預託
税制 申告分離課税

くりっく365最大のメリットは南アフリカランド/円とトルコリラ/円のスワップ金利

%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%a3%e3%81%8f365%e5%8f%96%e5%bc%95%e6%95%b0%e9%87%8f%e6%8e%a8%e7%a7%bb

上のグラフを見ると、取引高は2011年をピークに急激に減少していますが、これは2012年に行われた店頭FXと取引所FXの税制一本化によって、取引所FXに税制面での優遇がなくなったことが原因だと考えられます。

一方で建玉は2015年から急激に増加していますが、これは南アフリカランド/円とトルコリラ/円の建玉が激増していることが一因となっています。

下の表はくりっく365の建玉数量(年末時点)ですが、2015年に南アフリカランド/円とトルコリラ/円の建玉が激増していることが分かります。

%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%a3%e3%81%8f365%e5%bb%ba%e7%8e%89

実はくりっく365の南アフリカランド/円とトルコリラ/円のスワップ金利とスプレッドは業界最高水準となっており、スワップ金利狙いのFXトレーダーが建てたポジションを決済せずに保有し続けていることを意味しています。

まとめ

2012年に行われた店頭FXと取引所FXの税制一本化によって、取引所FXに税制面での優遇がなくなり、その優位性を失ったかのように思えるくりっく365ですが、南アフリカランド/円とトルコリラ/円のスワップ金利は大きな魅力です。

2016年11月現在、くりっく365のリピート系注文が可能なのは外為オンラインのiサイクル注文だけとなっています。

リピート系注文はFXシステムトレードの中でも特にスワップ収益が大きな収入源となります。外為オンラインのiサイクル注文を南アフリカランド/円とトルコリラ/円で仕掛けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す